破産宣告したら官報掲載される?

破産宣告したら官報掲載される?

人は、まじめに働いてこつこつと貯金を積み立てていても、いつ金銭のトラブルに巻き込まれるかはわかりません。借金取りは、少しでもお金をもっている人から取り立てようとするので、預貯金がある人に限って、他人の借金を肩代わりさせられることは少なくありません。理不尽に思えますが、それが金銭にまつわるシビアな世界の現状なのです。また、現代社会はクレジットカードやカードローンの発達により、誰でも簡単にお金が借りられるようになりました。クレジットカードでの支払いは、誰もが手軽に利用していますが、これは支払いを先送りしているだけで、実質的にはカード会社から借金をしているのと同じことです。ですが、ほとんどの人はお金を借りているという感覚に欠けているため、どんどんカードでの支払いがかさんで、気がつくと借金が支払えない、という状態に陥ってしまうのです。少しくらいの借金ならば、預貯金を取り崩したり、親類からお金を借りて弁済することもできますが、あまりに借金が多額な場合には、破産宣告を受けるのも一つの手段です。破産宣告を受けたからといって、生活の手段が奪われるわけではありません。今までと同じように働けますし、日常生活に影響はありません。ただし、破産宣告者は官報に掲載されます。官報は官公庁が定期的に発行する資料ですが、一般の人はほとんど目にすることはありません。しかし、金融業者は官報を常にチェックしているので、今後クレジットカードをつくったり、お金を借りることはできなくなります。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法