破産宣告の費用相場.com

自己破産というのは、借金の返済が不能な状態にある人の申立てにより破産宣告をし、財産のほとんどをお金に換えて債権者に対して分ける見返りとして、残っていた借金の支払い義務を免責してもらうしくみのことをいいます。
この自己破産をして破産宣告をする場合は、裁判所に対して申立てその他の手続きを行うことになりますが、いちおう様式などは決まっているとはいえ、法律知識のない一般人にとってはたいへんなハードルとなります。このため、信頼のおける弁護士に相談の上、手続きのいっさいを依頼することがほとんどです。
弁護士への依頼にあたっては、報酬などの費用の相場はどれくらいかが気になるものです。かつては業界団体である日本弁護士連合会などが一律の報酬基準を作成し、個々の弁護士はその基準にしたがって費用を請求していたため、費用の相場がわかりやすかったのですが、弁護士法が改正された現在では、残念ながら請求額は個々の弁護士が独自に基準を定めるのが建前のため、費用の相場を推し量ることが難しくなっています。
しかしながら、ある程度の目安となるものとして、東京3弁護士会が組織する法律相談センターが掲げている報酬基準があります。この報酬基準によると、自己破産の場合の着手金は20万円以内であり、弁護士に対する報酬金は、免責決定が得られた場合、すなわち残りの借金の支払い義務が免除された場合にのみ発生し、着手金と同じ20万円となっています。すべての弁護士が同じ基準に準拠しているわけではありませんが、参考になる金額といえるでしょう。

 

破産宣告は本人でもできますが、必要書類を用意したり手続きをしたり裁判所に出廷したりと、手間と時間が掛かります。
そのため、一般的には法律のプロで専門家の弁護士などに依頼します。
弁護士に依頼する場合、破産宣告の手続きや裁判所への出廷も全て代理で行ってくれます。これが弁護士に依頼する最大のメリットです。
破産宣告のための提出書類などは自分で用意しなければなりませんが、弁護士がチェックしてくれますので書類の不備で自己破産が受理されないということもありません。
また、自分で破産宣告のための手続きを行う場合とでは債権者の対応も異なります。法律のプロですから、取引履歴や返済過剰分などについてもしっかりと債権者と交渉してくれます。
他にも、債権者からの取立てが止まりますし、債権者が取り立てなどで手荒い行動や違法行為をすることもほとんどなくなります。
弁護士に自己破産を依頼する場合、費用は30万円から50万円掛かります。
法テラスの民事法律扶助制度を利用すると、無料で法律相談ができますし裁判費用や弁護士費用を立て替えてくれます。また、弁護士の紹介も行ってくれますので安心です。
収入要件と資産要件を満たしていない場合は、30分5000円の相談料が掛かります。
法テラスでは、オペレーターが法的トラブルや法情報や法制度をご案内します。また、各種相談窓口の中から適切な窓口を紹介しますので、経済的余裕がない人はご相談されると良いでしょう。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法